TOP>Features (特集ページ)>まだ間に合う!12月・1月始まりのかわいくてユーモラスなイラスト手帳

デザインダイアリー 2017まだ間に合う!12月・1月始まりのかわいくてユーモラスなイラスト手帳

日増しに寒くなってきて、厚手のコートやマフラーがちょうどいい季節になりました。街のウィンドウやイルミネーションはすっかりクリスマスムードでいっぱい。年末の足音がそこまで聞こえてきましたね。

こんな時期は「まだ来年のスケジュール帳を買っていなかった」「そろそろ手帳を選ばなくちゃ」、そんな気持ちでソワソワしている人もいるのではないでしょうか?

今回はこれから使える12月・1月始まりの手帳をご紹介します。国内外のイラストレーターや雑貨ブランドとコラボレーションしたユーモラスでかわいい表紙は、楽しい1年を予感させてくれます。


【おすまし顔がキュートなZacchino!】

「ゆるくてちょっとアブない」がコンセプトの、Zaccino!(ザッキーノ)は、ユニークなテイストが持ち味のハンドメイドブランド。眠ったり笑ったりぼーっとしたり、自由気ままに過ごす表情豊かなオリジナルキャラクターたちをアクセサリーや雑貨にしています。今回はドットのパンツがキュートな女の子の振り向きポーズ、そしておすまし顔がかわいい3匹のネコという全く違うテイストのイラストで2つの表紙を手がけてくれました。



【線画がつくる世界観、yamyam】

幼い頃から絵を描いたり 物をつくったりするのが大好きだったというイラストレーター、yamyam(ヤムヤム)さん。雑誌や書籍、フライヤー等のイラストのほか、お店の壁画を描いたり、「yamyam KIKAKU」としてオリジナルグッズを展開するなど多岐にわたる活動をしています。リズミカルな線画で描かれた動物や人物が持つ独特な世界観が魅力的です。そのyamyam さんとは、何か言いたそうな表情をしているシマリスのインパクトあるイラストと、ダイアリーをテーマに描き起こしたオリジナルのイラストと2つの表紙でコラボレーションしています。



【個性あるキャラクターを描く、多田玲子】

独特の色づかいとマーカーづかいで絵や漫画を描く多田玲子さん。書籍の装丁、雑誌、CDジャケット、広告等の仕事を国内外問わず手がけています。中でも人気のコミックZINE、『ちいさいアボカド日記』はLINEスタンプでも好評です。その主役であるアボカドくんをはじめ、野菜を擬人化したかりふらくん、かわいい黒ネコなど、ユニークなキャラクターが表紙になりました。



【ポップでレトロなナオミ・ウィルキンソン】

ポップでレトロな色づかいが特徴のアーティスト、Naomi Wilkinson(ナオミ・ウィルキンソン)さんは、イギリス・ブリストル在住のイラストレーター。雑誌や広告を中心に活躍中です。ここ数年、日本でも流行中の多肉植物の代表的な品種でもあるサボテンが、どこかユーモラスな雰囲気をまとって描かれたカバーは、そっと心が癒やされたような気分にさせてくれます。

「どんな2017年にしよう」……心に秘めた計画や楽しみを書きこむ手帳には、予定だけではなく夢や希望もいっぱい。とっておきの1冊を選んで、すてきな1年を過ごしてください。