TOP>Features (特集ページ)>デザインダイアリー 2017(3月・4月始まり)

デザインダイアリー 2017(3月・4月始まり)女子高校生(JK)の手帳の使い方を調査!
JCJK調査隊×マークス 座談会レポート

学校や塾の勉強、部活、遊び。毎日を忙しく過ごす高校生は、どんな風に手帳を使っているの?――そんな素朴なギモンを解決するため、マークスの手帳開発チームは現役女子高校生「JCJK調査隊」の3人を集め、座談会を開きました。

デジタル世代の彼女たちが、手書きの“手帳”というツールに感じていることとは? 今回は、デザインダイアリーを実際に使ってもらい、それぞれの感想や使い方のポイントについて聞いてみました!

JCJK調査隊×マークス 座談会レポート

参加メンバー

  • 川満梨音さん / 高2

    かわみつ りお川満梨音さん / 高2

    学校ではダンス部に所属。
    おしゃれやアイドルが好き

  • 引地乃梨子さん / 高2

    ひきち のりこ引地乃梨子さん / 高2

    学校ではダンス部に所属。
    特技はプログラミング

  • 原田花純さん / 高2

    はらだ かすみ原田花純さん / 高2

    JCJK調査隊のメイク上手さん。
    学校では生徒会長

「JCJK調査隊」とは?

現役女子大生社長・椎木里佳さんを中心に“世界に日本のJKのかわいい文化”を発信する総勢80名の女子中高生マーケティングチーム。市場調査や、企業の商品開発サポートなどを行う。現在、マークスといっしょに2018年1月始まりの手帳を開発中。


【“高3ゼロ学期”の過ごし方】

―みなさんの1日のスケジュールを教えてください!

原田:
通学のバスの中では、いつもSNSなどをして過ごしています。学校では生徒会に入っていて、次期生徒会の選挙、先輩の卒業式に向けての資料づくりなど、今が一番忙しい時期。また、高校2年生の1月からは「高3ゼロ学期」と呼ばれ、“受験生の自覚を持つ時期”と言われているので、これから本格的な受験勉強が始まります。塾も今月から22時までになりました。
引地:
私は毎日、自転車で通学。朝が弱いので、いつもあわてて家を出ます! 部活がだいたい18時ごろに終わり、その後はときどき友だちとお茶して帰るか、塾で19時から22時ごろまで勉強して、家で夕食をとってから寝ます。
川満:
私は朝に勉強する方がはかどるタイプ。毎朝6時半ごろ家を出て、空いている電車の中で日本史の勉強をするのを日課にしています。部活は引地さんと同じく18時くらいまで。塾は21時ごろまでで、夜が弱いので、帰ったらすぐに寝てしまいます!

―朝から夜まで忙しいですね!
スケジュール管理にはふだんから手帳を使っていますか?

3人:
はい、使っています!

【三者三様、オリジナリティのある手帳の使い方】

―では、みなさんの手帳の使い方を教えてください。

原田:
主に予定とTO DOを書いています。生徒会関連でやることを余白にチェックボックスをつくって書きこんでいます。イラストはあまり得意じゃないのでシールをポイントで使っています。あとは、表紙が開かないようにゴムをつけたり、見返しにポケットをつけたりとカスタマイズも楽しんでいます!

原田さんが使用しているB6変型マンスリーの手帳。学校関連の予定は黒、プライベートはピンク、青が塾や生徒会、小テストの情報など、3色の色ペンを使い分けしています。余白をほどよく活用したシンプルな中面に、チャーミングなシール使いがポイント。使い勝手をよくするためのカスタマイズもあちらこちらに見られます。

引地:
私は受験に向けて「目標をしっかり書く!」ということを意識して、余白に大きく今年・今月の目標を書きこみました。イラストをちょこちょこと加えたり、マスキングテープでデコしたりするのも好きです。手帳は予定だけではなく、「自分が見たい!」と何度も思えるような見ためにすることも大事。楽しく仕上げたいですね。

カラフルで楽しさが伝わる引地さんのA5正寸マンスリー。家族の予定は青、塾の予定は緑、部活の予定はピンク、その他はシャーペンと4色に色分けしています。マスキングテープは幅広タイプと細いタイプを、常にペンケースに入れて持ち歩いているそうです。

川満:
私はマンスリーページに大まかな予定を書き、ウィークリーページには、勉強の予定を書いています。1日が終わるときにできたこと・できなかったことをチェックして、できなかったことは別の日にずらして……と、調整しています。コンサートなど大事なイベントのときは、日記を書いたり、プリクラを貼ったりもしています。
引地:
日記はすごい! 私はインスタとかに投稿して満足して終わっちゃう……!
原田:
わかるー(笑)

川満さんの使用した手帳のウィークリーページ。楽しみな予定はピンク、塾が水色、部活は紫、その他はオレンジと、独自の色分けがされています。見返しに常に付箋をはさんで、いつでもすぐに使えるようにしているそうです。

【スマホより手帳に書くほうが早い!】

―手帳をちゃんと使いこんでいるんですね!
なぜ、スマホではなく手帳で予定管理するのですか?

原田:
周りの子たちも、みんなけっこう手帳を使っていますよ。授業中はスマホを出せないから、勉強の予定もぜんぶ手帳に書きこみます。
引地:
社会人だとスケジュールや打ち合わせの内容をだれかと共有する場合が多いのでデジタルのほうが便利かもしれないけど、高校生の予定は自分ひとりで完結することが多いから、手帳に書くほうが早いんですよね。
原田:
あとは、プリクラを貼っている子もけっこういますね。
引地:
友達の誕生日もかならず書く!
原田:
余白に友達の誕生日をメモして、プレゼントやお菓子を準備するのを忘れないようにしています。
川満:
趣味用と2冊持ちしている子もいますよ! わたしも好きなアイドルの目撃情報や番組情報などを記入するアイドル専用の手帳を持っています(笑)

【ほどよい余白が書きこみやすい】

―マークスのデザインダイアリーを使ってみていかがでしたか?

原田:
ふだんからマンスリータイプが好きで使っていますが、この手帳はベストなフォーマットだと思いました! 余白があって、書きやすい。シンプルなデザインで主張しすぎず、さりげなく女子っぽさを感じるところが気に入りました。
引地:
私も余白があるのは大事だと思いました。空いているスペースに、言われてはっとした言葉や、目標を書きこみたい。日付のスペースに罫線が入っているところも勉強と遊びの予定を分けて書きこめるので使いやすかったです。
川満:
紙の質感がとにかく気持ちよかった! あとは付属ページも充実していて楽しめました。路線図を見て、行ったことのある駅をマーカーでチェックしていくのが好きで(笑)
引地:
世界各国の祝日を見るのも楽しいよね!

―表紙のデザインはどうですか?
それぞれ気に入ったものを選んでいただいていますね。

原田:
手描きのかわいいイラストと、高級感のある箔がかなりタイプでした!
引地:
フラミンゴのモチーフが、大人っぽすぎず、子どもっぽすぎず、ガーリーな雰囲気で、見ていて幸せになれる柄でした!
川満:
私が使った手帳はボタンで留められるタイプで開かないところが便利でした。バッグに入れて中でつぶれたり、ページが折れちゃったりする心配もありません。

左から:川満さん使用のB6変型ウィークリーレフト 2016年10月始まり / ドット・フラップ、引地さん使用のA5正寸マンスリー 2016年12月始まり / ベターシングス、原田さん使用のB6変型マンスリー 2017年1月始まり / yamyam

【2017年春始まりのデザインダイアリー、選ぶとしたらこれ!】

―発売中の2017年3月・4月始まりのダイアリーを持ってきました。感想を聞かせてください!

3人:
かわいいー!!

―この中で欲しいと思うのはどれですか?

原田:
シンプルなデザインが好きなので、わたしはこのネコの手帳がいいです! 色も好み。
引地:
刺繍もいいですね。 迷うけど……、このアイス柄が好き!
川満:
パキッとしてはっきりとした色がすきなので、リップ柄がいいです!

【2018年始まり手帳、ただいま開発中!】

手帳を選ぶポイントも使い方も、それぞれの個性が表れていましたね。女子高校生の生活に、紙の手帳は欠かせないものだということがわかった座談会でした!

2018年始まりのデザインダイアリーではそんなJKたちといっしょに、女子高校生が本当に使いたいと思うような、リアルな意見を取り入れた手帳を開発中です! どうぞお楽しみに!