ショップから選ぶ
  • MARK'STYLE TOKYO
  • GRAPHIA
  • EDITO365
  • Bonnes fetes
ブランドから選ぶ
  • marks ink
  • EDiT
  • storageit
  • maste
  • togakure
  • DIARY COLLECTION
  • digitalaccessory
  • photo and album
  • pedir
  • Laduree
  • PAUL and JOE
  • Mom Papa Kids&Gift

価格で絞り込む

BRAND STORY | EPISODE次代を見続けるマークスダイアリー

マークスの手帳は1999年のデビュー以来、話題の手帳を次々と発表し、ラインアップの充実とともに高い評価を得てきました。


マークスダイアリーの開発がスタート
(for 2000 COLLECTION)

1990年代。ビジネスマン向けのダイアリーは種類豊富にある一方で、働く女性を意識したオシャレなダイアリーはほとんど存在していませんでした。1986年の男女雇用機会均等法施行を経て、女性の本格的な社会進出が始まった1990年代後半。ビジネスのあらゆるフィールドで女性の活躍が本格化しだした時期でした。マークスは、インテリジェント=知的、インファッション=オシャレ、インターナショナル=国際感覚に富んだ、"イン"なワーキングパーソンである彼女たちに向けたダイアリーの開発に着手したのです。1日に何度も手にするダイアリー。スタイリッシュなデザインや意匠をまとった画期的なダイアリーの開発は、まさに時代の要請だったのです。

それまでにはなかった新しいダイアリー
(2000 COLLECTION~)

1995年からデザイン・ステーショナリーの制作を開始していたマークスが、初めてのダイアリーを発表したのは1999年のこと。その2000年コレクションは、わずか4モデル17種類というささやかなラインアップでした。本文デザインは1種類のみで、時間軸を縦に刻んだバーチカルタイプを採用しました。当時、バーチカル・デザインを採用している国内のダイアリーはほとんどありませんでしたが、女性が社会の前面に進出するのに伴い、アポ入れの機会も増大していたのです。アポ入れに最適なダイアリーのデザインといえば、バーチカルデザインに行き着くのは当然の帰結。このバーチカル・デザインは10年を経て、今ではダイアリーのスタンダード・デザインとなり、多くのメーカーが採用しています。

今に続くマークスならではのギミック
(2001 COLLECTION~)

マークスダイアリーは、まったく新しい先進性にあふれるダイアリーとして、瞬く間に時代の先端を走る女性たちの支持を獲得しました。とは言っても、マークスダイアリーは産声をあげたばかり。山積みとなっていた製品化のアイデアが、ひとつひとつカタチになっていきました。そんな中で、今に続くマークスならではの表紙に施したギミックの先駆けともなったのが、カバー外側のポケット。筆記具やメモ、領収書など、小物の収納を可能とするものです。巻末のインフォメーションも編集のバッググラウンドを持つマークスダイアリーが得意とするコンテンツ。度量衡換算表、サイズチャート、世界と日本の主要都市の地下鉄路線図、6カ国語辞書と会話集など、ビジネスやトラベルで役に立つ情報を独自の取材に基づき、オリジナルで作り上げています。

“手帳”が“ダイアリー”となった瞬間
(2005 COLLECTION~)

「今までにはないダイアリー」を考え続ける開発スタッフが、次に目を向けたのが「表紙」。それまでのダイアリーの表紙といえば、タイポグラフィをデザイン処理したものがほとんどでした。マークスはダイアリーの表紙を雑誌の表紙に見立て、森本美由紀、村上みどりなど、大人の女性に支持されるイラストレーターのスタイリッシュな作品を大胆に展開しました。それまで無機質だったダイアリーの表紙のデザインは一変。まさに、マークスダイアリーが"手帳"を"ダイアリー"に変えた瞬間でした。その後も、『ラチとらいおん』のマレーク・ベロニカ、『さんびきのくま』の故ユーリイ・バスネツォーフ、ロベール・ル・エロ、エヴァ・ヨ・ハンコック、ブルーノ・ムナーリらの作品が、マークスダイアリーの表紙を飾りました。

ダイアリーを収納のツールに変えた
“storage.it”
(2006 COLLECTION~)

マークスダイアリーのロングセラーモデルのひとつ、"storage.it(ストレージドットイット)"は2006年コレクションでデビューしました。スライドジッパー付きのポケットが、筆記具や付せんのほか、電卓やスマートフォンなどの収納さえ可能とした機能性が日本や海外で大きな支持を獲得。かゆいところに手の届く、日本ならではの繊細にして精緻、芸の細かい製品開発を標榜してきたマークスのモノ作りが世界で評価を受けたのです。2006年にEU、2007年に日本、2008年にはアメリカで意匠登録を完了。現在では、"storage.it"は幅広いラインアップに加え、多くのアーティストや企業とのコラボレーションを実現しています。

コンテンツとデザインが融合した
ハイブリッドダイアリー
(2006 COLLECTION~)

雑誌を楽しむように使用できる、編集されたハイブリッドなマークスダイアリーの登場も大きな話題と注目を集めました。2006年コレクションのラインアップに加わった、鏡リュウジ・プロデュースによる『幸福の鍵☆手帳』は、毎日の星占いメッセージや毎月の運勢が自分で占えるチャートを盛り込んだ、まさに書籍とダイアリーの中間に位置するハイブリッド(=融合)モデル。同時に発表された、この一年でキレイになるためのアドバイス満載の『ビューティー・プランナー』もまったく新しいマークスダイアリーでした。その後、ハイブリッド・シリーズは年々進化を遂げ、ビジュアル・コンテンツを盛り込んだART-MIX Plannerシリーズなど、ヒット企画が続々と誕生しました。

クリエイテッド・ジャパン。舞台は世界へ
(2007 COLLECTION~)

2007年には、マークスダイアリーの本格的な海外展開が始まりました。メイド・イン・ジャパンのマークスダイアリーのクオリティを評価し、「欧州市場に打って出たら」と語りかけてくれたのは世界のトレンドをリードするパリのコレットのバイヤー、サラでした。彼女の一言がマークスダイアリーの世界戦略を後押しし、その後、海外専用版の開発などにおいて、ジャパン・クオリティを武器に、EU、アジア、北米、オーストラリアなど、海外市場を積極的に開拓し続けています。 また、2007年コレクションから、筆記特性に優れ、より薄く、白く、軽く、それでいて裏写りしないという高い性能水準を満たした、オリジナルダイアリー専用用紙「ネオ アジェンダ」を投入しました。

魅力的なコラボレーションを続々投入
(2009 COLLECTION~)

時代をつくってきたアーティストや企業との共同開発によるコラボレーションシリーズは、マークスダイアリーの定番ラインアップとなりました。2009年コレクションではアメリカのクロニクルブックスとのコラボによる「キャス・キッドソン ダイアリー」が誕生。両社が得意なパートを持ち寄ってでき上がった1冊は、大ヒット。2010年コレクションでは雑誌「MONOCLE」、2011年コレクションでは「奈良美智」、「ハローキティ」、「ZUCCA」、そしてパリのメゾン「ラデュレ」などとの、魅力的なコラボレーションが続いています。マークスダイアリーが培ってきた、高いデザイン性やクオリティが世界中で共感を呼んでいるからこそ、実現した魅力的なプロジェクトなのです。

多彩な情報を発信するダイアリーサイトが
オープン
(2011 COLLECTION~)

2010年10月にマークスのダイアリーのあらゆる情報を発信するダイアリーサイトがオープン。2011年コレクションのラインアップの解説はもちろん、ユーザーの紹介、アーカイブなど、マークスのダイアリーをより深く知っていただくための専用サイトとして大きな注目を集めました。ウィークリー・バーチカル/ウィークリー・ホリゾンタル、マンスリーをラインアップの中心としてきたマークスダイアリーは、2011年コレクションに1日1ページのデイリープランナー「エディット」をラインアップに投入。スマートフォン台頭の中にあって、あえて新しいダイアリーを提案しました。

デイリー・プランナー"エディット"
日本文具大賞グランプリ受賞!
(2012 COLLECTION~)

前年にデビューしたデイリー・プランナー"エディット"が、2012年コレクションでラインアップを一気に拡充、その存在感はますます大きなものとなりました。ユーザーのライフスタイルやニーズによってさまざまな使い方をすることを可能とした「エディット」は、ダイアリーの新たなステージを創出したとして日本文具大賞「デザイン部門」グランプリ、そしてB7サイズの「エディット - ライト」はグッドデザイン賞をW受賞。テレビや雑誌など、さまざまなメディアでとりあげられ、一段と大きな話題になりました。 そのほか、2012年コレクションでは、2008年にデビューした夢や目標を叶える女性のためのダイアリー「MY STYLE AGENDA」、ニナデジ(蜷川実花)やデザイン集団「cap」とのコラボーレーションカバーなど、さまざまなアイテムが注目を集めました。