オンライン・マークス ONLINE MARK'S

戻る
TOP>Features (特集ページ)>文具カスタマイズ

文具カスタマイズ手づくりを楽しむ、ハッピーサマーライフ!
コクボマイカさんが贈る、3つのクラフトレシピ

暑さが本格的になってきた夏のはじまり。海やプール、あるいは街へ出かけるのもいいけれど、おうちで涼しく快適に過ごすのも、夏の楽しみ方のひとつです。

たとえば、いつもとひと味違ったオリジナルの暑中見舞いを準備してみたり、夏気分を思いきり味わえる小物を手づくりしてみたり。
そんな夏にぴったりなクラフトレシピを3つ、「マステ」ブログでもおなじみのクラフトプランナー、コクボマイカさんに教えていただきました。気軽に準備できる材料ではじめられます!


【慣れている方も、そうでない方も、同じように楽しんで!】

クラフトプランナーのコクボマイカです。
オンライン・マークスサイト内の「マステ」ブログでは、「マステ」を使ってどなたでも楽しめるクラフトレシピを提案しています。

今回は、いつもの「マステ」ブログとは少し趣向を変えて、わたしが大切にしている“ものづくりの対しての考え方”も交えながら、この夏にぜひチャレンジしていただきたいクラフトレシピをご紹介します。

クラフトレシピを考案するときに、常に心がけていることがあります。それは、“手を動かすのに慣れている方にも、そうでない方にも、同じように楽しんでもらう”こと。
慣れている方には、今までになかったちょっとした “新しさ”を。
そうでない方には「これなら真似してできそう!」と感じていただける“手軽さ”をご提供したいと思っています。

【夏柄の「マステ」を使って暑中見舞い】

夏のクラフトレシピまず1つめ。「マステ」を使った暑中見舞いです。
絵が苦手な方でも、「マステ」の力を借りて、夏らしく楽しいカードがつくれます。

右:
ハガキのいちばん下の行に「マステ」のビーチ柄を貼ったら、海のイラスト部分を切り取った「マステ」を並べて貼っていくだけ! ビーチのイラストの中に“あなた”を見つけて、無地の「マステ」で吹き出しをつけて、メッセージを書いてみましょう!

左:
ホノルルマップ柄の「マステ」を使って、アロハシャツをつくりました。立体的な襟がポイントです。
「マステ」をいくつかのパートに切り取ってから、貼り合わせていきます。

つくり方は、「マステ」ブログのページでさらに詳しく紹介していますので、こちらのページもぜひのぞいてみてください!

【「マステ」で彩る花飾り】

クラフトレシピ2つめは、涼しげな花飾り。「マステ」で花びらをふちどった花飾りは、材料にOPP袋やクリップを加えて、簡単につくれます。

ラッピングに添えたり、お子さまのビニールバッグや麦わら帽子につけたりしてもかわいいですよ!

こちらのつくり方の詳細も、「マステ」ブログにて公開しています!

「マステ」は、一度貼ってもはがせます。初めて何かをつくる方にはもちろん、小さなお子さまにもオススメのアイテムです。そのほかの材料は100円ショップで揃うものなどでも制作できますので、夏休みにお子さまと挑戦してみてはいかがですか?

【ノートを夏仕様に衣替え!】

3つめのクラフトレシピは、「マステ」から離れて・・・・・・、バイカラーがアクセントの文具コレクション『HiBi』のノートに少し手を加えて、夏らしくイメージチェンジしてみましょう。

カラフルな丸い紙は、街中で見つけたフリーペーパーをクラフトパンチで切り抜いたものです。
表面がツルツルした紙が多いので、強粘着の糊か、木工用接着剤を使って貼るとはがれにくくなります。

この方法は日常的に使っています。クラフトパンチの穴から覗くと、普通に見ていた時には気づかなかったかわいい柄がたくさん見つかって、とても楽しいですよ。
読み終えたフリーペーパーを捨てる前に、みなさんもぜひ、“柄探し”をしてみてくださいね!

クラフトパンチをお持ちでない方は、フリーハンドで切った紙を使って、「夏の景色」を描いてみるのも楽しいです。こうすると、『HiBi』のノートの配色が生かされ、デザインに意味を持たすことができます。

フリーペーパーなど身のまわりにある紙には、意外にも「雲」や「葉っぱ」、「土」、「水」など自然素材の写真や絵が豊富にあります。書きたい絵柄に合わせて使う部分を選ぶと、面白い仕上がりになります。

【手軽なハンドクラフトは、日常に小さな花が咲くよう】

ほんの少しの作業でできる手軽なハンドクラフトは、日常に小さな花が咲くような喜びを感じて、とても好きです。たとえば、プレゼントに小さな手づくりのカードが添えてあったり、封筒の口にシールやイラストがあるだけでも、ちょっと嬉しくなります。手に入りやすいものでパッとできるアイデアをたくさん持っておくと、さまざまな場面で活用できて便利ですよ。

1から自分でつくるハンドクラフトも楽しいですが、今回ご紹介したレシピのように市販のものを活かしてアレンジしてみるのも、とても楽しくてオススメです。この夏、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

コクボマイカ /クラフトプランナー

コクボマイカ /クラフトプランナー

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒。 文具や雑貨のセールスプロモーション、雑誌や書籍のクラフトレシピ制作に携わる。 少人数制のおとなのワークショップをはじめ、商業施設でのこども向け大型イベントも多数開催。どなたでも楽しめる“つくりかた”と“体験”を提供しつづけている。ものづくりプロジェクト「くふうのたまご」主催。

公式サイト:https://micke.co.jp
maikakokubo on instagram