TOP>Features (特集ページ)> マークスのアート

マークスのアート オンライン・マークスにアートが登場!


2019年11月1日に開業した渋谷の最も新しいランドマーク「渋谷スクランブルスクエア」。株式会社マークスは、14Fに直営店「マークスタイルトーキョー 渋谷店」をオープンいたしました。それに伴い、オンライン・マークスでは6名のアーティストによるアート作品のお取り扱いをスタート。同時にアート作品をデザインしたマークスだけのステーショナリーをご用意しました。まずはお手軽なステーショナリーで、アートを楽しんでみてはいかがですか。


渋谷スクランブルスクエア アート



渋谷スクランブルスクエア店の「ART WALL」



「渋谷スクランブルスクエア店」では、店内に「ART WALL」を設けて、アート作品を展示しています。

「日本の“素敵”で世界に“快適”を」
私たちマークスの企業理念を体現した「マークスタイルトーキョー」の新しいチャレンジ。
それが、「ART WALL」です。 “素敵”も“快適”もスキップして、あなたの真ん中に「刺さる」なにかを、問いかけます。

コンセプトは、「好きが過ぎる」
マークスのアートは、連れて帰りたい衝撃です。

お店でご覧になって、ご購入を迷ってしまったときのために、オンライン・マークスと連携し、後日ご購入いただける仕組みに。もちろん、ネットで見てそのままお買い上げもいただけます。
またアート作品は、不定期に更新予定。オンライン・マークスでは、あなたの真ん中に刺さるストーリーを揃えて、アートを楽しむ入り口になれたらと願っています。

アート作品のページはコチラ>>から



オンライン・マークスで買える!
アートのステーショナリー


オンライン・マークスでは、3名のアーティストからご協力いただき、アート作品をデザインしたステーショナリーを制作。美術館に行くとつい欲しくなる、ポストカードとクリアファイルをご用意しました。いつも目に触れる身近なアイテムが少し特別なモノに変えるだけで、気持ちに作用するのがアートという存在。まずはお手軽なステーショナリーでアートを楽しんでみてください。


アーティスト紹介


Mic*Itaya(ミック・イタヤ)


Mic*Itaya氏のアート作品のページはコチラ>>


Mic*Itaya氏のステーショナリーのページはコチラ>>

和紙のような風合いを持つペーパーにアクリルガッシュを使い描いたのは、艶やかな表情の女神や天使、ユニコーン。愛や平和、希望をたずさえたキャラクターたちは、Mic*Itaya氏のメッセージ「新しい神話」の登場人物であり、見ている私たちを物語に引き込んでしまう、神性と親しみやすさを同時に感じさせます。


PROFILE Mic*Itaya

多摩美術大学卒。アーティストでありデザイナー。流麗な線で描く天使や女神たち、太陽や星の煌めきを愛する詩情豊かなフューチャーロマンティスト。ミュージック、ファッションやミラー、照明器具のデザインなどでも知られている。最近の仕事に渋谷JR高架下ギャラリー計画「アロー・プロジェクト・2019」などがある。www.micitaya.com



YUYA WADA(ユウヤ・ワダ)


YUYA WADA氏のアート作品のページはコチラ>>
YUYA WADA氏のステーショナリーのページはコチラ>>

人形を通して、動物と人間をミックスした世界を表現するYUYA WADA。ナチュラルな雰囲気とリアリティ、まるで何かのストーリーに登場しそうな個性を持った人形たちは、見る人がそれぞれのバックグラウンドを汲み取れるよう、表情やディティールに独自のニュアンスを持たせています。


PROFILE YUYA WADA

静岡県焼津市生まれ。高校卒業後、映画学校に通うために上京。特殊メイク、特殊造形を学ぶ。卒業後、映像や舞台などに使われる特殊造形の仕事を始める。2013年、仕事を辞め、ロンドンへ留学。滞在中は、語学をはじめ数多くの美術館や博物館に通い、アートの見識を広める。2014年の帰国後、人形作家としての活動を始める。www.yuya-wada.com


Yokke Pokke(ヨッケポッケ)・磯野藍


Yokke Pokkeのアート作品のページはコチラ>>
Yokke Pokkeのステーショナリーのページはコチラ>>

昔から身近にある民芸品や郷土玩具をモチーフにして、二次元・三次元を問わずプロダクトに落とし込み、現代に合った「文様」として再構築。鮮やかで豊かな色彩も、「元ネタ」である民芸品などによく使われる原色をベースにしています。モチーフをあえて柄の中に潜ませて、独特なユーモアを利かせています。


PROFILE Yokke Pokkeデザイナー・磯野藍

香川県出身、東京都在住。服飾雑貨メーカー勤務後、独立し「Yokke Pokke」を立ち上げる。「Yokke」とは讃岐弁で「たくさん」、「Pokke」は「夢のあるポケット」を意味する。以前から収集していた「木彫りの熊」を皮切りに、日本の伝統工芸や郷土玩具から着想を得て、モチーフを描き、テキスタイルを製作。


いかがでしたか? オンライン・マークスでは、これからもあなたに「刺さる」アートを発掘していきます。アート特設サイトは、コチラ>>からもご覧いただけます。