TOP>Features (特集ページ)> 2021年版ライフログ手帳

2021年版ライフログ手帳 心を整える・自分を元気にする「手帳術」①
おすすめフォーマットのご紹介!


スケジュール管理はもちろん、ライフログやバレットジャーナルなど使い方のバリエーションが広がる手帳術。最近は、いまの「自分」を見つめて、心を整えたり元気になるきっかけをつくるのがトレンドです。2021年版のマークスの手帳は、気軽にはじめられて、ライフログに「自分らしさ」をプラスαできる、さまざまな手帳フォーマット(2021年版)を取り揃えています。


2021年版ライフログ手帳

気軽にライフログを楽しめる
週間ハビットトラッカー付き「週間ブロック手帳」




日々の出来事やその時の気持ち、体調などを書き込むライフログ。その時々によって書く時間がなかったりと、続けるのが難しいという場合もあるのでは。そんな方におすすめなのが2021年版で新しく登場した「週間ブロック手帳」」のフォーマット。一週間が見開きでコンパクトにまとまっているので、1日の書く量も少なく空きスペースが気になってしまう方にぴったりです。 週間のハビットトラッカーがあるから、2021年に習慣にしたいことやTO DOの管理もできてしまうスグレモノです。




そのほか、ウィッシュリストやお気に入りの記録ページも使って、この一冊の中に「今の私」をまとめてみては。少しの記録でも、見つめ直しのきっかけになるはずです。


2021年版ライフログ手帳

文章もイラストも切り抜きも!
好きを集めて。EDiTの「1日1ページ手帳」







ライフログを使って自分を元気にするには、モチベーションを上げるきっかけづくりも必要。自分の「好き」を集めたページづくりなら、シンプルなフォーマットとほどよいサイズ感で文字だけでなく、イラストを描いたりコラージュもしやすいEDiTの「1日1ページ」フォーマットがおすすめです。
写真の「10doux__」さんの「1日1ページ」は、さまざまな種類のマスキングテープを使って、まるで絵本のようなストーリーを感じさせる仕上がりです。自分の好きな色合いやイラストを集めるだけでも、雰囲気がまとまるので、まずは「やってみる」のが大切なのかもしれません。


2021年版ライフログ手帳

たくさんのテーマから選べる
ライフログにぴったりな「ペーパーリアン」のメモパッド







スモーキーでシックなカラーリングが人気、韓国の文具ブランド「ペーパーリアン」のメモパッドを使ってみては。マステやシールでページに貼り付ければ、それだけで簡単にカラフルでかわいいページが完成します。
全部で16種類もあるので、いくつか集めてその日の気分で使うのも楽しいですね。







いかがでしたか?忙しく暮らしていても、日々の中にちょっとした楽しみや感動など、自分の心を穏やかにする「TIPS」があるもの。手帳を使って見つけてみてはいかがでしょう。今回の特集でご紹介した2021年版手帳フォーマットは、コチラ>>からもご覧いただけます。