ショップから選ぶ
  • MARK'STYLE TOKYO
  • GRAPHIA
  • EDITO365
  • Bonnes fetes
ブランドから選ぶ
  • marks ink
  • EDiT
  • storageit
  • maste
  • togakure
  • DIARY COLLECTION
  • digitalaccessory
  • photo and album
  • pedir
  • Laduree
  • PAUL and JOE
  • Mom Papa Kids&Gift

価格で絞り込む

「MARK’STYLE TOKYO 別注ダイアリーカバー」

“ソーシャルアイテム”としてのもうひとりの自分。
アナログの「ライフログ」として、手帳が注目を集めている。Instagramでは、シールやイラストを使い、テクニックを駆使した完成度の高い「ライフログ」の「画像」をアップ。手帳の使い方「#手帳術」や、出来事を記入するひととき「#手帳タイム」、ひとりで悩む手帳選び「#手帳会議」など、スケジュールやTO DO管理を超えたパーソナルアイテムを「ネタ」にして、ソーシャルコミュニケーションを図るのだ。手帳とは自分のために存在するものではあるが、他者の視点を複雑に取り込んで存在するものに変容しつつあるようだ。手書きで差をつける、一般的な手帳なら内容の「盛り方」で差をつける。ある程度の優越感・注目・愛着がほしいなら、手帳カバーを着せない手はない。いま注目のブランドが「MARK'STYLETOKYO」のために、別注ダイアリーカバーをデザインした。「MARK'STYLETOKYO」GINZA SIX店、表参道ヒルズ店、オンライン・マークス限定で手に入れることができるレアプロダクトだ。

【マークスタイル トーキョー限定】EDiT 手帳カバー 1日1ページ用 B6変型 TAZUNE(タズネ)

  • 【マークスタイル トーキョー限定】EDiT 手帳カバー 1日1ページ用 B6変型 TAZUNE(タズネ)(ブラック)
  • 【マークスタイル トーキョー限定】EDiT 手帳カバー 1日1ページ用 B6変型 TAZUNE(タズネ)(キャメル)
  • 【マークスタイル トーキョー限定】EDiT 手帳カバー 1日1ページ用 B6変型 TAZUNE(タズネ)(ネイビー)
  • 【マークスタイル トーキョー限定】EDiT 手帳カバー 1日1ページ用 B6変型 TAZUNE(タズネ)(レッド)


1日1ページ手帳のためにつくった"あつらえのレザージャケット"

【マークスタイル トーキョー限定】EDiT 手帳カバー 1日1ページ用 B6変型 TAZUNE(タズネ)

商品コード:ZRINYF-DC01

サイズ/本体:H190×W290×D15mm
重量/130g
素材/牛革
◎差し込み中面推奨サイズ/約H180×W120×D17mm
◎ペンホルダー×1
◎ラウンドジップ
◎PP袋入
◎Japan

※こちらはB6変型サイズ用カバーとなります。
一般的なB6サイズの手帳には使用できませんので、あらかじめご了承ください。



※手帳の中身は付属しておりませんので、別途ご購入ください。
【対応リフィル】
●2019年4月始まり ETA
●2019年1月始まり ETA
●2019年1月始まり ETA 分冊

手袋用の軽くやわらかなレザーを使ったリュックやクラッチショルダーが人気の「TAZUNE」が、B6サイズ1日1ページ手帳にジャストフィットするレザー手帳カバーをつくりました。
必要なものだけを収納するという「TAZUNE」らしいミニマムなサイズ感。手帳を入れると、丸すぎない角に立体感が入り、ミニバッグのようなシェイプが生まれます。まるでお仕立ての服が着る人の魅力を表現するように、質のよい素材とデザインが、持つ人の個性を引き立てます。

マークスが別注した
スクエア・リュックのブラック(商品コード:INYF-BAG46-BKBK)
スクエア・リュックのネイビー(商品コード:INYF-BAG46-NVGD)
スクエアペンケース・ブラック(商品コード:INYF-PEC01-BKBK)
スクエアペンケース・ネイビー(商品コード:INYF-PEC01-NVGD)
に並ぶシリーズとして、揃えてお使いいただくのもおすすめです。

※マークスタイルトーキョー限定ラッピング(有料)
●有料ラッピング/包装紙(商品コード:LAP-EC01-W)
●有料ラッピング/ギフトバッグ(商品コード:LAP-EC02-G)

※無料の通常ラッピングについてはこちら>>

販売価格:9,720円(税込)

 ブラック  残りわずか
 キャメル  残りわずか
 ネイビー  残りわずか
 レッド  残りわずか
個 数: 個


レザー・人・デザインを媒介にした、「TAZUNE」という「ものづくりプロジェクト」。

「MARK’STYLE TOKYO」GINZA SIX店・表参道ヒルズ店において、安定した人気を誇るレザープロダクトブランド「TAZUNE」。「メイド・イン・ジャパン」を背景にしたものづくりプロジェクトとして、『デザインありき』のブランドとは一線を画す存在だ。職人一人ひとりの「クラフトマンシップ」が支えていた「日本のものづくり」が、コスト削減目的の海外移転と、職人の高齢化の流れにより、己の首を絞め苦しんでいる。皮革製造業においても、同じことがいえる今、職人たちが口にするのは、職業としての将来性の低さ、そして「子どもに家業を継がせたくない」という言葉だ。 「TAZUNE」のプロダクトは、職人という「生産背景」から考えて、開発されている。リュックの素材に、手袋用の軽くやわらかいレザーを採用しているのは、「使いやすい」という顧客へのメリットだけではない。職人の身体的負担を軽減するというメリットまで配慮した選択なのである。高齢の職人、女性職人が続けやすい仕事、続けられる安定的な仕事量。“ここ”からスタートする「ものづくり」が「TAZUNE」というプロジェクトだ。
デザイナーズブランドが放つ《絶対的デザイン》とは異なる「TAZUNE」のデザインは、“いわゆるデザイン”が持つ無駄をそぎ落とし、必要最小限の収納に抑えたサイズ感。あくまでも服を着て、背負ったり、手に持つといったスタイリング(他要素との相対化)した中から生まれてくる「TAZUNE」らしさ。この「らしさ」という翻訳不可能な、霞のようなマジックを纏い、「TAZUNE」のプロダクトが成立する。




Review

※レビュー内容は、お客様個人のご意見・ご感想です。使用感には個人差があります。
※投稿されたレビューは、掲載までにお時間をいただく場合、または掲載されない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

この商品を見ている人は、こちらのアイテムもチェックしています!