n.number

ジュエリーのような距離感で付き合いたい、レザーアイテム

軽く肌触りのよいゴート×カウレザーの名刺ケース 名刺ケース(Her truth)/n.number(エヌ・ナンバー)

  • 名刺ケース(Her truth)/n.number(エヌ・ナンバー)
詳細画像
バリエーション画像
商品コード:
SPSN-CC01
販売価格:
¥8,580 (税込)
バリエーション:
個数:
 個

詳細情報

サイズ/H80×W115×D25mm
重量/33g
素材/表革:ゴート,内革:牛
◎オープンポケット×2
◎ゴム留め
◎布袋付(H250×W170mm)
◎日本製

n.number「Her truth」シリーズ
丈夫でさらっとした触り心地のゴート(山羊革)レザーにカウレザー(牛革)を貼り合せファインアートのような色彩を入れて、リザードの型押しを施しました。お手元を華やかに見せるカラーリングと、軽くしなやかで落ち着いた肌触りが魅力です。 切りっぱなしのエッジを際立たせた名刺ケース。ゴム留め仕様などライトな雰囲気に仕上げて、クールな使用感を演出します。 こちらのアイテムは、商品によってカラーやプリントの出方が異なります。あらかじめご了承ください。お届けする商品は、「専用袋付きギフトボックス」「不織布袋入りギフトボックス」のいずれかになります。あらかじめご了承ください。

※マークスタイルトーキョー限定ラッピング(有料)
●有料ラッピング/包装紙(商品コード:LAP-EC01-W)
●有料ラッピング/ギフトバッグ(商品コード:LAP-EC02-G)

※無料の通常ラッピングについてはこちら>>

女性から女性へのエールが、プロダクトに宿りはじめた

映画「バグダッド・カフェ」が、ミニシアターという箱に“一般の映画ファン”を集め、静かなインパクトを与えたのは、美しい映像と音楽だけでない。淡々とした日々と、そこで生まれる“中年女性の友情” が描かれていたことだ。公開から約30年、従来のマーケット発想“ではない”、女性から女性へのエンパワメントが、ようやく登場しはじめた。レザーブランド「n. number」の新シリーズ、「Her truth」である。

クリエイションと生き方の乖離を経験して決めたこと。

「n. number」は、三上直美氏がデザインを手掛けるレザーアイテムブランド。21年もの間、あるバッグブランドで高級ラインの製造から卸、小売りを手掛けてきた三上氏が、自分自身のやりたいことを表現するために設立した。ブランドでは一部門を大きく任され、責任ある立場にあった三上氏が「白紙にする」ほどの決断を下すに至ったのは、大切な人の死に接し、自分の変化を感じたことだった。「このままでいいのだろうか」女性が生きていく中で直面せざるをえない、アレだ。それまで、三上氏が扱っていたのは、オーストリッチ・クロコダイル・リザードなどエキゾチックレザーを使ったハイエンド商品だった。所有者をはっきりと「区別する」価格とクオリティ。「まるで雲の上を歩いているように、想像しながらデザインしていた」と振り返る。

背伸びのデザインから、等身大のデザインに

クオリティを背景にしたものづくりはすでに「身に染みついていた」三上氏のバッグづくりにおいて、つねに中心に据えているのは、使っている人の「気持ちを上げる」こと。最高級素材を惜しみなく使い、モノとして充足感を与えるのではなく、カウやゴートを使って普段使いできるアイテムをつくり、表現の仕方をすこし変えるだけで得られる、「自分のための笑顔」のようなもの。自身より下の世代に向けて、バッグづくりをスタートさせた。

ブランドネーム「n. number」は、natural number(自然数)を意味する。自然数は「存在する」を認識するために生まれたものだ。「存在する」を受け入れることからすべては始まり、(自分と)向き合うことで本質を理解する。女性たちが自分自身の中にある本質に気が付いた時、「可能性はすでにそこにある」とエールを送るブランドでありたいと、三上氏は願う。若い女性に対し「元気がない」などと言っているのではない、女性たちがさまざまな状況で気分を“上げざるをえない”ことを知っているがゆえの想いかもしれない。

可能性は「すでにある」、だから活かすものづくり。

「n. number」が最初に手がけたオリジナルバッグライン、「OMOTE to OMOTE」(オモテ ト オモテ)は、その名の通り「1枚の革の【表と裏】ではなく、【両方をおもて面】として活かす」デザイン。北海道産の原皮を使用し、本来バッグの内側で裏地に覆われる裏皮を加工して、染色。一般的にいうところの表皮(銀つき)は、総シルクスクリーンでヘリンボーン柄をプリントした。それも一方向に向かっていく退屈なヘリンボーンではなく、洗練とプリミティブを同時に感じさせるオリジナルパターンだ。一枚仕立ての軽く優しくしなやかなバッグたちは、ベージュ・ネイビー・イエローという “象牙・濃紺・蒲公英(たんぽぽ)” をそろえ、日本人に合い着こなしを乱すことなく、最もエレガントに見せるミッションをさりげなく担っている。

この「OMOTE to OMOTE」の中にあっても“光る存在感”をカタチにしたのが、新シリーズ「Her truth」(彼女の真実)だ。レザーらしからぬエアリーな質感、切りっぱなしを際立たせたモード寄りのエッジ、ラフなフォルム。三上氏らしさを十分に感じさせる仕上がりだ。

ジュエリーのようなレザー「Her truth」(彼女の真実)

ピンと張りがあり、それでいて優しい手触りとやわらかさを持った「Her truth」。まるで三上氏がいうところの「彼女」をカタチにしたようなアイテムたち。この質感は、ゴートとカウを採用し、それぞれにクロームやタンニンなど職人が絶妙に配合を変え、実現した革を貼り合せた。脱色し白く整えてからまばらに“染料を落としていく”染め。その余白に箔を貼り込み、最後に型押しを施した。箔のみに浮き上がるリザードの痕跡は、個性をのせるだけでなく、革がつぶれることで固くなり質感をハードに変えている。

「Her truth」の5型は、大きさ・形状・用途が異なるのは当然だが、すべて「ケース」である。機能性についても評価を得ている「n. number」が、この新ラインでは中身の仕様を「機能」として着脱できるように仕上げた。「ライフスタイルに近いアイテムを目指して、あなた次第で自由に使えるように」と考えられたそれは、用途を終えた後「ケース」となって付き合っていけるようにという配慮だ。「あなた次第」という、一見突き放したようなデザインが「1ミリ踏み出せる自分でありたい」と願う「彼女たち」の背中を押すためのアイテムに仕掛けられている。このたった1ミリ踏み出すことの「重み」を知る三上氏の距離感だ。

I am calling you. I know you hear me

ジェヴェッタ・スティールが歌う「バグダッド・カフェ」の主題歌「Calling You」。「I am calling you.」の呼びかけとともに「Can’t you hear me?」という言葉が、最後には「I know you hear me.」に変わる。女性なら誰しも「私にはこの人がいる」ただ後ろで見ていてくれる存在が必要だ。「見ているだけでも気分が上がる」プロダクトをつくることをミッションとしながら、心地よい手触りや巧みな使い勝手、ディテールのさりげない洗練など、当然「見た目」だけに終わらない仕上がりは、プロフェッショナルとしての矜持だけではない。「彼女」の背中を押すその手には、三上氏のクールな距離感と共感が込められている。

Review

※レビュー内容は、お客様個人のご意見・ご感想です。使用感には個人差があります。
※投稿されたレビューは、掲載までにお時間をいただく場合、または掲載されない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

全てのアイテムから選ぶ

2020年版 手帳・ダイアリー
2019年版 手帳・ダイアリー
システム手帳(日付なし)
マステ(マスキングテープ)
ステーショナリー
金封(ご祝儀袋)/ぽち袋/ふくさ
スマートフォン / PCグッズ
アルバム/カメラグッズ
スクラップグッズ
ファッションアイテム
トラベル / アウトドア
インテリア
キッチン / テーブルウェア
育児・キッズ小物
クリスマスアイテム
Book(書籍)
スクレ by ラデュレ
ポール & ジョー
S'well(スウェル)
Happy Bag/ Special Set
SALEアイテム
有料ラッピング