ショップから選ぶ
  • MARK'STYLE TOKYO
  • GRAPHIA
  • EDITO365
  • Bonnes fetes
ブランドから選ぶ
  • marks ink
  • EDiT
  • storageit
  • maste
  • togakure
  • DIARY COLLECTION
  • digitalaccessory
  • photo and album
  • pedir
  • Laduree
  • PAUL and JOE
  • Mom Papa Kids&Gift

価格で絞り込む

坂 雅子(Masako Ban)

ディレクター, デザイナー 東京生まれ。設計事務所を経て、2003年までグラフィックデザイナーとして活動。 産業資材に魅力を感じ、2001年ロンドン滞在中に独学でアクセサリーデザインを始め、 2003年"acrylic"設立。2005年ニューヨーク近代美術館ミュージアムショップに 最初のコレクションが選ばれる等、国内外で展開。同年11月、東京にacrylic shopオープン。 Wallpaper* Best Design Award 2007 “Best Jewellery”, UK
https://acrylic.jp/index.html

Gum earringプラスHoney-comb/acrylic(アクリリック)

  • Gum earringプラスHoney-comb/acrylic(アクリリック)

軽く、輝く、ミニマルデザインのイヤリング

Gum earringプラスHoney-comb/acrylic(アクリリック)

商品コード:ACR-ERG04-BK

パッケージサイズ/H123×W120×D10mm
本体サイズ/φ25×D7mm
アクリルパーツ/φ32mm
重量/ゴム1個3g
   アクリル1個4g
素材/ゴム、アクリル
◎専用パッケージ入
◎JAPAN

つけていることをわすれてしまいそうなほど軽いイヤリング。ゴムイヤリングを耳たぶにはさむだけ。動いてもはずれにくいようにパーツの重量を設計しています。
アクリルの中のハニカムが散光して、一般的な貴金属にはない独特の輝きを放ちます。

※マークスタイルトーキョー限定ラッピング(有料)
●有料ラッピング/包装紙(商品コード:LAP-EC01-W)
●有料ラッピング/ギフトバッグ(商品コード:LAP-EC02-G)

※無料の通常ラッピングについてはこちら>>

販売価格:4,860円(税込)

個 数: 個


モノに振り回されない、
“ニュー・マテリアル・ガール”が支持するモノ

「MARK’STYLE TOKYO」表参道ヒルズ店において、店内の一番奥、鏡の隣という“ネガティヴな”定位置を、“能動的に”キープするバッグがある。同店で一二を争う人気を誇るにもかかわらず、だ。「acrylic(アクリリック)」のバッグを求める顧客たちは、バッグという「モノ」を購入しながら、「acrylic」とともにある日常、という「コト」を手に入れる。モノがほしいのなら、そのまま買えばよい。「このバッグは、私とどう付き合う?」鏡の前で、そのための確認に余念がない、というわけだ。。

「アクリルから始まった」
aclyric・ディレクター坂雅子氏の原点と実験

「「acrylic(アクリリック)」は、自身でデザインを手掛けるディレクター・坂雅子氏が設立したブランドだ。アクリルという素材への愛着から名付けたブランドが、現在では、縦横無尽の素材選びと、そぎ落としたミニマルデザインにより、独自の立ち位置を築いている。ブランドのスタートは、アクリル、アルミニウムなどを採用し、真円・正方形などを使い整然とデザインしたアクセサリーライン。アクセサリーという小さなアイテムにおいても、坂氏の“縦横無尽の素材選び”は、際立っている。むしろ、装飾するための「材料を提供しているだけ」というデザイナーらしからぬスタンスは、裏を返せば「顧客は、試されている」のである

軽く、強く、正しく並ぶ、ハニカム構造材。

アクセサリーラインで、唯一複雑さを内包しているのが、「Honeycomb+Gum/GUM EARRING」。アルミ製ハニカムをアクリル樹脂の中に閉じ込めたイヤリングだ。恐ろしいほど均一な正六角形が、整然と並んでいる。わずか6ミリのアクリル樹脂の中のハニカムは、アルミという素材の本分を忘れず、当然のように周囲の光を小さく反射している。

日本の航空・宇宙ハニカム製造メーカー「昭和飛行機工業」が生産している、小惑星探査機の構造材を採用した。そして驚くべきことに、このアルミハニカムは、何百枚もの極薄いアルミを人の手で重ねている。等間隔の接着剤のラインをのせたアルミシートに、シワひとつ付けることなく。重ねたアルミシートをスライスして広げると、ハニカム構造材が完成する。さらには、六角形を一つも歪ませることなく全体を均等に広げる作業、完成品の検査も、すべて人が行っているというのだ。

構造材から意匠材へ、ハニカムの美しさを伝える情熱。

坂氏とアルミハニカムとの出会いは、通称「青フェス」と呼ばれる「CMF DESIGN EXHIBITION」という原材料の見本市だった。優れた素材・加工技術を「Color(色彩)・Material(素材)・Finish(表面加工)」のデザイン観点から魅力的な素材に転換し、新しい市場をつくり日本のものづくりを活性化するための展示会だ。「昭和飛行機工業」の販売代理店「鈴英」営業担当、佐川大輔氏がアクリル樹脂で固めたアルミハニカムのオブジェを出展していた。

ハニカムは、表面板ではさむサンドイッチ構造用の芯材として使われているため、人目に触れることはない。しかし「見たら、必ずだれもがきれいと言って感動する」ことを知っていた佐川氏は、ハニカムの意匠性に大きな可能性を見出していた。「アクリル×ハニカム」という自身のブランドと共鳴する素材に一目惚れした坂氏は、当然採用を検討した。しかしながら、宇宙空間をも耐え抜くこのアルミハニカムはアクリルを纏うことで、非常に高価な素材になった。そこで、樹脂成形を見直すなど、コストの壁を超える佐川氏の奮闘が始まった。

「アクリル」という蜜に満たされたハニカム

モックアップは真空成型を用いて、気泡ひとつないクリアなアクリルで固められている。アクリル樹脂成形は、人の手で行う場合もあるが、ハニカム構造を内包する場合、流し込みでこの構造が障害となり、気泡の発生は避けられないものだった。また、ハニカムの最少3mmという厚みもアクセサリーにはまだオーバーサイズだった。

そこで佐川氏は、成形の考え方そのものを変えた方法でコストダウンを図った。真空成型ではなく、成形職人の絶妙な手わざに頼ることで、気泡のない成形を実現。端材を隅々まで利用し単価を抑えた。ついにアルミハニカムはアクリルという蜜を纏い、アクセサリーとして輝きを放つことができるようになった。

完璧さゆえに「終わった素材」の、美しき転身。

「昭和飛行機工業」でハニカム構造が製造されるようになってから50年間。人目に触れることなく、大空で、深海で、宇宙で、その強さを発揮してきた。また、その完璧な形状を揶揄するかのように、進化の余地がない「終わった素材」ともよばれていたハニカム構造。均整のとれた形状、アルミニウムの散光と複雑な写り込み。その美しさを「人の目に触れるところに置きたかった」という佐川氏の情熱は、建築業界を始めとするデザイン用途への展開に道筋をつけた。そして、コストを抑えることで、もっと“輝く”可能性を広げたのが「acrylic」だった。

アンビバレントな要素を内包したイヤリング。

哲学の国・フランスの女性哲学者、シモーヌ・ド・ボーヴォワール。彼女を有名にした名著「第二の性」には、有名なフレーズがある。「On ne nait pas femme:on le devient.」《人は女に生まれるのではない。女になるのだ》。「女性らしさ」とは、環境から作られた像であり、女性の“あるべき姿”ではない。あるべきという「正しさ」は、時に美しく、充実している。ハニカム構造のように。

人は、くっついたり離れたりを繰り返し、人生を織り上げていく。#BFF(Best Friend Forever)とタグづけした友人たちと、あと何年つきあい続けられるのだろう。アクリルという堅牢な蜜の中に浮かぶハニカムが、光を取り込み、色を写す。今の日差し、今日着ている服、目の前にいる相手。シンプルな形状のアクセサリーが、シンプルに「飾る」ことに、立ち返えらせてくれる。写り込む変化を受け入れて、「私」を飾ろう。


※オンラインマークスではHoneycomb+Gum(ブラック)のみの販売です。画像のHoneycomb+Gum(ホワイト)、aluminium parts(ブラック・シルバー)は「マークスタイルトーキョー」GINZA SIX店・表参道ヒルズ店にてお求めいただけます。

マークスタイルトーキョー店舗一覧はこちら>>
※在庫状況は都度変わりますので、直接店舗へご確認ください。

Review

※レビュー内容は、お客様個人のご意見・ご感想です。使用感には個人差があります。
※投稿されたレビューは、掲載までにお時間をいただく場合、または掲載されない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

この商品を見ている人は、こちらのアイテムもチェックしています!