オンライン・マークス ONLINE MARK'S

戻る

歩くのが楽しくなる、地面に「置ける」ミニショルダーバッグ N-TYPE/OKERU(オケル)

  • N-TYPE/OKERU(オケル)
詳細画像
バリエーション画像
商品コード:
OKERU-BAG02
販売価格:
¥7,975 (税込)
バリエーション:
個数:
 個

詳細情報

サイズ/本体:H220(持ち手込み350)×W245×D135mm
ショルダーベルト:75~140cm
重量/670g
素材/ポリエステル
◎マグネットホック付き
◎ファスナー付きポケット×1
◎取り外し可能なショルダーストラップ付属
◎OKERUオリジナルBOX入り
◎日本製

名作スニーカーのソールを履いた、ミニトートバッグです。
「バッグが靴を、履いたなら。」をコンセプトに、バッグとスニーカーのソールを合体させた、今までになかった“シューズバッグ”が登場しました。使い勝手のよいミニトートですが、ちょっとしたときに「(地面に)置けたら便利なのに」と思ったことはありませんか?

「OKERU(オケル)」は、そんな小さな要望を、大胆なアイデアとデザインでかなえてくれました。
スニーカー、だけどきちんと荷物を収める、ミニトート。ソールは、リアルなデザインとスニーカーソールそのままの機能性を持ちながら、マチのあるミニトート専用に設計し製造。バッグが膨らむことなく、“ミニトート”らしいかわいさをキープします。付属のショルダーベルトを使えば、肩掛け・ななめ掛けもできる使い勝手のよさも魅力。
「N-TYPE」は、ハイテクスニーカーをイメージしたデザイン。クッション性の高いソールに合わせたナイロンは、アウトドア用品にも使われる丈夫なタイプを採用。バリッとした素材感が、“スニーカーっぽい”佇まいを演出します。弱撥水加工を施してあるので、雨を弾いて濡れるのを防いだり、汚れがつきにくかったりと、機能性も十分です。
※マークスタイルトーキョー限定ラッピング(有料)
●有料ラッピング/包装紙(商品コード:LAP-EC01-W)
●有料ラッピング/ギフトバッグ(商品コード:LAP-EC02-G)

※無料の通常ラッピングについてはこちら>>

「バッグが靴を、履いたなら」

「外に行こう」 この佇まいが、私を誘う。

指先ひとつで、仕事から買い物、様々なことまで片付いてしまう私たちの日常。「外に出ようかな」そんな気持ちも、指先からスマートフォンの中に吸い込まれてしまう。
『着飾るほどの気分じゃないけど、行きたいところはある。カラダを動かしたい気持ちも、ないわけではない』そんな日常で、気分とカラダを軽くしてくれるモノがある。「バッグが靴を、履いたなら。」をコンセプトにした、『OKERU(オケル)』のシューズバッグだ。

小さなアイデアを実現させた、驚くべきキャッチーなデザイン。


名作スニーカーのソールを履いた、ミニトートバッグ。
底にスニーカーソールがついているというほんの小さな違いで、このバッグを持つと「外に行きたくなる」のは、なぜだろうか。ソールがあれば、外でも気兼ねなく「置ける」。OKERU(オケル)」は、このアイデアを大胆にカタチにしてみせた。
「カワイイ!」が溢れている日本のファッションマーケットに登場した、「ナニコレ!」のインパクト。実際、「OKERU(オケル)」のユーザーが性別や年代で分けられることはない。「ナニコレ!」をライフスタイルに取り入れるオープンマインドの持ち主にこそ、「OKERU(オケル)」はきっと良い影響をもたらすはずだ。

本気で遊んだデザインだから成立する、「!」の笑顔。

「あの」という2文字で、おそらく世界中が認識できる定番スニーカー。
「C-TYPE」は、カジュアルスタイルの“永久定番”、トリコロールラインを入れたラバーソールを履き、「N-TYPE」は、ハイテクスニーカーらしくクッション性の高いソールを履いている。それぞれ「靴らしく」爪先と踵を持ち、靴底まで徹底して「ソール」である。著名なスニーカーソールを手がける工場で、専用金型から製作して作られた「本物」だ。
本気で遊んだデザインだからこそ、気づいた人が思わず「!」の笑顔になる、類まれな「持ち物」に仕上がった。

「〇〇している」私といっしょに、“映える”モノ。

スマートフォンが登場して以来、私たちのライフスタイルは大きく変容した。日本の消費者は一日平均4.8時間をデジタルコンテンツの視聴に消費している(Adobe調べ)。私たちは「◯◯している動画」を楽しんでいる一方で、小さな画面をのぞき込みながら、ライフスタイルの理想的変化や自己実現にも、思いを馳せている。もし、“リアルの”私の隣に「OKERU(オケル)」がいたらどうだろうか。愛犬のお散歩や、恋人とのピクニック、自分と向き合うジムやヨガの時間、仲間とのゴルフ、様々な日常を「OKERU(オケル)」で彩ってみるのも楽しそうだ。

Review

※レビュー内容は、お客様個人のご意見・ご感想です。使用感には個人差があります。
※投稿されたレビューは、掲載までにお時間をいただく場合、または掲載されない場合がございますので、あらかじめご了承ください。