ショップから選ぶ
  • MARK'STYLE TOKYO
  • GRAPHIA
  • EDITO365
  • Bonnes fetes
ブランドから選ぶ
  • marks ink
  • EDiT
  • storageit
  • maste
  • togakure
  • DIARY COLLECTION
  • digitalaccessory
  • photo and album
  • pedir
  • Laduree
  • PAUL and JOE
  • S'well

価格で絞り込む

坂 雅子(Masako Ban)

ディレクター, デザイナー 東京生まれ。設計事務所を経て、2003年までグラフィックデザイナーとして活動 。 産業資材に魅力を感じ、2001年ロンドン滞在中に独学でアクセサリーデザインを 始め、 2003年"acrylic"設立。2005年ニューヨーク近代美術館ミュージアムショップに 最初のコレクションが選ばれる等、国内外で展開。同年11月、東京にacrylic shop オープン。 Wallpaper* Best Design Award 2007 “Best Jewellery”, UK
https://acrylic.jp/index.html

RUCK BAG L(DOT Black)/acrylic(アクリリック)


「重くなったら背負う」手持ち姿もスマートに見せるスリムなリュック

RUCK BAG L(DOT Black)/acrylic(アクリリック)

商品コード:ACR-BAG1161BK-DTBK

サイズ/本体:H400×W350×D90mm
持ち手:220mm ショルダー:440~760mm
重量/732g
素材/PVC

◎天ファスナー
◎フロント:ファスナーポケット×1、ファスナーポケット内オープンポケット×2
◎背面:サイドファスナーポケット×2
◎内側:オープンポケット×2
◎A4サイズ収納可
◎日本製

ゴムやアクリル、アルミなどの産業資材を使い、その素材感を際立たせたミニマルなデザインをアクセサリーやバッグに落とし込む「acrylic」から、スリムなリュックが届きました。
持ち手をあしらいトートバッグのように使いながら「重くなったら背負う」というフレキシブルな使い方が可能です。
メインコンパートメントには、大小のポケットを設置。大きいポケットには、A4サイズの書類や13インチのノートパソコンを入れ、小さいポケットには、パスケースやスマートフォンを入れるなど、「acrylic」らしい“考え抜かれた”使い勝手がデザインされています。さらに、前面そのものが大きなアオリポケットになっているので、メインコンパートメントとの使い分けもできます。オフィシャルなシーンに合ったリュックをお探しの方に最適なアイテムです。

丈夫なポリエステルを使い、ジャガード織りでドットを表した「ドットブラック」。織糸の光沢で表現したドットが幾何学的なデザインを構築して、シックな雰囲気を醸し出します。合わせやすいブラックでも、シャープな印象を与える「acrylic」らしい素材感。いつもの装いを"静かに変える"、シンボリックなアイテムです。

販売価格:19,980円(税込)

個 数: 個


セオリ ーを軽々と超えてゆく“身体感覚”のバッグ

「モデュロール」という言葉がある。フラン スの建築家ル・コルビュジェが、人体各部の寸法と黄金比に基づき編み出した「 建築の基準寸法システム」のこと。フランス語のmodule(モジュール・寸法)と Section d’or(黄金分割)からつくった、ル・コルビュジェによる造語である。身 体の感覚が認知する、無意識の「安心感」や「心地よさ」を拠りどころに、モノ を選ぶことがあるのは、「モデュロール」に基づいた選択なのだろうか。

その反面、私たちはあふれかえる情報をもとに、目移りもする。例えば「女性に はこういうモノが」「女性が好きなのは」「やっぱり女性は」・・・いったい、 だれが決めるものだろうか。

「MARK’STYLE TOKYO」GINZA SIX店・表参道ヒルズ店において、不動の人気を 誇るバッグシリーズがある。その作り手「acrylic(アクリリック)」は、 「MARK’STYLE TOKYO」が提案するコンセプト“スタイルのある本物のプロダク ト”を、体現するブランドの一つである。

デザインに数学の美を見つけたブランド「acrylic(アクリリック)」

「acrylic(アクリリック)」は、自身でデザイン を手掛けるディレクター・坂雅子氏が設立したブランドだ。アクリルという素材 への愛着から名付けたブランドが、現在では、縦横無尽の素材選びと、そぎ落と したミニマルデザインにより、独自の立ち位置を築いている。アクリル、アルミ ニウムなどを採用し、真円・正方形などを使い整然とデザインしたアクセサリー ラインからスタート。現在は、バッグやスカーフなどアイテムを広げ、国内外で 高い評価を受けている。これら「acrylic」のバッグが、“実験的”と称されるアク セサリーと同じ「エッジ」を感じさせるにもかかわらず支持されている点は、そ の使いやすさにある。

相反する要 素を化合する、デザインマインド

大きさの異なる正方形を並べ積み上げたようなデ ザインのバッグがある。「ブレスレット バッグE」。アクセサリーラインでおなじみのモ チーフ、真円と正方形のブレスレットに“袋をつけた”ユニークなデザインは、ア クセサリーとバッグのデザインを行き来し、クリエイティヴィティを刺激し合っ ている、「acrylic」らしいシンボリックなアイテムだ。これが「ハレの日」に合 わせるバッグであるなら、「ケの日」に寄り添うのが定番のトートバッグだ。合 成皮革をメインにポリエステル、塩化ビニールなどいずれもソファやカーテンを 出自とした“硬質なマテリアル”を合わせた。驚くほど軽量で、汚れに強く、やわ らかさを持ちながら抜群の強度を誇る素材が、「acrylic」の手により、類のない 存在感を放つアイテムに転身した。ストレッチ素材を使った幅広いショルダーベ ルトが、しなやかに肩に添い、すべることなく重い荷物を“やさしく”持ち運ぶこ とができる。さらに、顧客自らが「毎日酷使している」と告白するタフネスも支 持を集める理由だ。

クリエイテ ィヴィティを支える「集合知」と「身体感覚」

「acrylic」は、元麻布の実店舗で得るフィードバ ックを逃さない。2WAYと提案したデザインから顧客が“隠れ3WAY”を開発し、坂 氏が疑問を感じていたサイズ感に、高い評価を与える。坂氏の感覚・感性・経験 の範疇に収まりきらない顧客たちの「要求」は、それぞれがつながり、気づきと して跳ね返る。ある人が不便に感じることを、他の人は歓迎する。この当たり前 のようなことを受け止め、すりあわせ、デザインに落とし込むのは、坂氏の身体 的な「感覚」が決めている。「acrylic」のバッグシリーズは、多様な素材とライ ンアップ、機能性を持ちながら、そのいずれにも「ある黄金比」を忍ばせている 。一見「エッジの効いた」アウトルックに、シリーズで統制のとれたデザインバ ランス。そして持つ人が“遊ぶ”余地を残すバランス。これが 「acrylic」のミニマ リズムだ。硬質な素材感と裏腹なカタチの変化や、素材同士の化学反応など、坂 氏が直感的に「おもしろい」と感じた要素を最大限に引き出す、「黄金比」であ る。

「acrylic 」のミニマリズムを支える、職人たちの「集合知」

採用されている素材は、いずれも日本国内の産業 資材メーカーが高度な技術でつくり上げた「made in Japan」。これらをより引 き立てる坂氏のデザインは、ステッチ一本にも注意を払う。たった一本の存在で“ デザイン然”として、素材に目が入らないことがあるからだ。ミニマルデザインを 成立させる縫製は、坂氏が「最高の縫製チーム」と激賞する職人たち。もとより バッグになるためのものではない素材を、縫い合わせやステッチを極力排したデ ザインを、仕立て上げる。坂氏のデザインは、職人たちにとってチャレンジング な仕事だ。「できない」と言わない最高の職人が、毎回新たな縫製方法を発見し 、共有する。職人一人ひとりに、日本がかつて大切にしてきた丁寧なものづくり のノウハウと技術がつまっている。製品を解体し、技術と知恵を共有することで 、職人同士を刺激し合い、よいクリエイティブが生まれるという。上から“縫い叩 く”ことの容易さを相容れないのは、職人たちも同じなのだ。

究極のミ ニマリズムは「私は私である」という強さ

坂氏の顧客は30代から70代の女性と、年齢層は 幅広い。「ピンク」「フワフワ」「カワイイ」・・・女性たちは、すでに気が付 いている。モノが主体の時代は終わった。正直で本物のプロダクトこそが、自分 たちを輝かせてくれる。選ぶのは自分である、と。 女性たちは日々「感じている」。そしてまだないモノに出会い、「驚きたい」の だ。

Review

※レビュー内容は、お客様個人のご意見・ご感想です。使用感には個人差があります。
※投稿されたレビューは、掲載までにお時間をいただく場合、または掲載されない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

この商品を見ている人は、こちらのアイテムもチェックしています!

最近チェックしたアイテムはこちら!