坂 雅子(Masako Ban)

ディレクター, デザイナー 東京生まれ。設計事務所を経て、2003年までグラフィックデザイナーとして活動。 産業資材に魅力を感じ、2001年ロンドン滞在中に独学でアクセサリーデザインを始め、 2003年"acrylic"設立。2005年ニューヨーク近代美術館ミュージアムショップに 最初のコレクションが選ばれる等、国内外で展開。同年11月、東京にacrylic shopオープン。 Wallpaper* Best Design Award 2007 “Best Jewellery”, UK
https://acrylic.jp/index.html

産業資材を幾何学に落とし込んだイヤリング acrylic parts circle/acrylic(アクリリック)

  • acrylic parts circle/acrylic(アクリリック)
詳細画像
バリエーション画像
商品コード:
ACR-ERG07
販売価格:
¥1,944 (税込)
バリエーション:
個数:
 個

詳細情報

サイズ/パッケージ:H123×W120×D10mm
本体:φ34×D3mm
重量/1個3g
素材/アクリル
ブラック:表面マット加工,裏面ツヤ加工
レッド:クリア
◎専用パッケージ入
◎日本製

※こちらの商品はパーツです。単体でイヤリングとしてお使いにはなれません。
別売りの「GUM earring/Acrylic」と組み合わせてご使用くださいませ。

ゴムやアクリル、アルミなどの産業資材を使い、その素材感を際立たせたミニマルなデザインをアクセサリーやバッグに落とし込む「acrylic」(アクリリック)から、ゴムイヤリングに下げるアクリル製のパーツをご紹介。

アクリル特有の透明感や、つややかな質感を引き出す幾何学的なサークル・デザインです。
見た目にボリューム感がありながらも、軽やかな印象と付け心地が魅力的。顔の動きに合わせて角度を変え、フラットな面から見えるクリアな色の演出。
シンプルながらスタイリング全体に影響を与える存在感は、一般的なジュエリーにはない引力を持ち、つける人を選びません。

※マークスタイルトーキョー限定ラッピング(有料)
●有料ラッピング/包装紙(商品コード:LAP-EC01-W)
●有料ラッピング/ギフトバッグ(商品コード:LAP-EC02-G)

※無料の通常ラッピングについてはこちら>>

女性と、記録的猛暑と、ミニマルデザインのイヤリング。

全国各地で“観測史上最高気温”を記録した、2018年の夏。この猛暑の中、あるブランドのイヤリングが局所的かつ爆発的に売れた。“お洒落もへったくれもない”、そんな異常な暑さをものともせず、女性たちの購買意欲を刺激した理由は、どこにあったのだろうか?
「acrylic」(アクリリック)。マークスタイルトーキョーでは、つねに一二の人気を争う『バッグブランド』と認識されているかもしれない。「acrylic」は、自身でデザインも手掛ける坂雅子氏が、アクリルという素材への愛着から名付けたブランドだ。現在では、縦横無尽の素材選びと、装飾性をそぎ落としたミニマルデザインの『バッグ』が人気を博している。「ブランドの中ではもっとも実験的なイヤリングが、ここにきてまさか」と坂氏も首をかしげる現象だった。

付ける人の個性を引き立たせる、幾何学と産業資材。

「acrylic」のアクセサリーラインは、坂氏が「装飾するための『材料』を提供しているだけ」という“もっとも「acrylic」らしい”幾何学的なデザインが特徴だ。一見、同じ“エッジ”を感じさせるバッグラインは、産業資材を巧みに扱ったミニマルデザインはもとより、その使いやすさと耐久性が支持されている。顧客たちの要求を受け止め、坂氏がデザインに落とし込んでいるからだ。翻ってゴムイヤリングは、耳たぶに挟むだけという「基礎システム」に、さまざまなパーツを組み合わせ、カスタマイズを楽しむものである。円や正方形など、“いわゆるデザイン”を放棄したかのようなミニマリズムは、一見するときわめて個性的であり、幾何学形状ゆえの“殺伐とした”不変性も、垣間見える。
が、「パーツに個性があるのではなく、だれがつけても違って見える『自由』を『幾何学が』与えている」と坂氏。長年愛用する顧客も「ほかの人がつけているところを街で見かけても、嫌な気持ちがしない」と評する。一部のミニマリストが愛し続けてきたイヤリングの、「(する人の)個性を尊重する」という実力が次第に認知され、広がった。そしてECショッピングモールのランキング結果を見た「人と同じモノを持ちたい」という慎重派のフォロワー層にも届いたのかもしれない。

「飾るとは?」「装うとは?」への新しい解答。

「装飾する」というアクセサリーの本分に、産業資材と幾何学を持ち込んだ「acrylic」。ハイジュエリー・メゾンからクラフト工房、ジュエリー作家まで、だれひとり照らすことのなかった角度から、女性の、人間の《個》に光を当てた。有史以前より貴金属や宝石が、女性を飾り立ててきた。21世紀に入って20年を迎えようとしている今、日本の女性たちは気づき始めている。「装う」という欲求がどこからくるのか。そして、現代で装うことの複雑さを。必要なのは「私という《個》」との向き合い方、だということを。


デザイナーでありながら、自身の役割は「素材選び」にあるというスタンスの坂氏。「産業資材は、ある目的を持って開発されているので“ブレがない”素材。加えて幾何学的な形状に仕上げることで、むしろ内面を映し出します」と語る。 “雰囲気のある”デザイン、“風合いのいい”素材など「有機的」な成分が、《個》を魅力的に見せるとは限らないのだ。

「どんな素材でも、女性を魅力的に見せられる」

数式を感じさせる「幾何学」と、逆説的に色彩を意識させる「モノトーン」を基本とする「acrylic」。つねに新しい産業資材を発掘し、デザインの主役としてキャスティングする坂氏のクリエイティブ・リソースは、建築をバックグラウンドにした知見と好奇心、引き寄せるアンテナだ。


アクリルの中にハニカム構造をとじ込めた 「Gum earringプラスHoney-comb」は、構造体の中で“くすぶっていた”ハニカムを耳元で輝かせた。また、「素材が素材を呼ぶ」こんな言い方もできるかもしれない。「acrylic」のバッグに使われているソファの張地「レンズ」が縁を結んだ新素材は、どの角度からでも柄が立体的に見える「3Dプリント加工」を施したもの。坂氏が「どこから見ても大丈夫」と、女性たちにメッセージを送っているかのようなイヤリングパーツだ。その不思議な見えがかりは、 マークスタイルトーキョーの店頭でぜひご確認いただきたい。

フラットな自分を映す鏡、自分をフラットに見る鏡。

20世紀初頭のモダニズム文学において、またイギリス文学界において、最重要人物の一人として上げられる、ヴァージニア・ウルフ。「女性でありながら」さまざまな実験的手法を試み、幻想的な筆致で描く感性豊かな世界は、今もなお斬新な魅力にあふれている。「もし女性が小説を書こうと思うなら、お金と自分ひとりの部屋を持たねばならない」。こう始まる彼女の名エッセイ「自分ひとりの部屋」には、こんな一節がある。


《過去何世紀にもわたって、女性は鏡の役割を務めてきました。鏡には魔法の甘美な力が備わっていて、男性の姿を二倍にして拡大して映してきました。その力がなければ、たぶん地球はまだ沼地とジャングルのままでしょう。》


誰かを映し、自分の《個》を隠すことを『内面化』してきた女性が、いま自分自身を発見しようとしている。鏡に映った自分は、どんな姿だろうか。自分を探しすぎて「好き」のカタマリになってはいないだろうか。《個》を隠すために、鏡を見てはいないだろうか。「acrylic」のゴムイヤリングは、毎日使うことのできる優しさを備えながら、自分をフラットに見ることができる、《鏡》でもある。

Review

※レビュー内容は、お客様個人のご意見・ご感想です。使用感には個人差があります。
※投稿されたレビューは、掲載までにお時間をいただく場合、または掲載されない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

全てのアイテムから選ぶ

2020年版 手帳・ダイアリー
2019年版 手帳・ダイアリー
システム手帳(日付なし)
マステ(マスキングテープ)
ステーショナリー
金封(ご祝儀袋)/ぽち袋/ふくさ
スマートフォン / PCグッズ
アルバム/カメラグッズ
スクラップグッズ
ファッションアイテム
トラベル / アウトドア
インテリア
キッチン / テーブルウェア
育児・キッズ小物
Halloween
Xmas Collection 2018
Book(書籍)
スクレ by ラデュレ マークス
スクレ by ラデュレ
ポール & ジョー
S'well(スウェル)
M'S select
Happy Bag/ Special Set
SALEアイテム
有料ラッピング