オンライン・マークス ONLINE MARK'S

戻る

iNSPiC ミニフォトプリンター ピンク マークス

¥15,268(税込)
商品コード
ISP-PRT01-PK
付与ポイント
152 pt(会員登録でお得なポイントをゲット!)
手のひらサイズのスマホ専用ミニフォトプリンター
数量

商品説明

サイズ/パッケージ:H142×W106×D35mm
本体:H118×W82×D19mm
写真用紙:H76×W50mm
重量/240g 本体:160g
◎リチウムイオン電池充電式バッテリー
◎キヤノン用ZINKフォトペーパーパック(キヤノン用ZINKフォトペーパーパック10枚、キヤノン用ZINKスマートシート1枚)
◎充電用USBケーブル
◎クイックガイド
◎保証書
◎印刷スピード:約50秒/枚
◎接続方法:BluetoothR 4.0
◎充電スピード:約90分
◎フル充電時印刷可能枚数:20枚
◎キヤノン品番:PV-123-SP

【対応OS】
iOS 9.0 以降 & Android 4.4 以降

【対応機種(iOS)】
iPod touch(第5世代)、iPad 2、iPad(第3世代)、iPhone 4S/5/5cには対応しておりません

写真デコレーションを簡単に楽しめるスマホ専用ミニフォトプリンター「インスピック」です。

気軽に持ち運べる手のひらサイズのプリンターで、いつでもどこでもスマホから高画質な写真をプリントできます。

専用のアプリを使えば写真の加工や分割プリントも可能。 裏面がシールになっているので手帳に写真付きライフログを残したり、ラベルシールとして雑貨のデコレーションが楽しめます。

※iNSPiCはキヤノンマーケティングジャパンの製品です。修理やメンテナンスを依頼する際には、同梱された保証書と当店の領収書もしくは納品書が必要になります。


※追加用リフィル
→iNSPiC フォトペーパー 20枚入り(商品コード:ISP-PHP01-A)
→iNSPiC フォトペーパー 50枚入り(商品コード:ISP-PHP02-A)

商品説明

サイズ/パッケージ:H142×W106×D35mm
本体:H118×W82×D19mm
写真用紙:H76×W50mm
重量/240g 本体:160g
◎リチウムイオン電池充電式バッテリー
◎キヤノン用ZINKフォトペーパーパック(キヤノン用ZINKフォトペーパーパック10枚、キヤノン用ZINKスマートシート1枚)
◎充電用USBケーブル
◎クイックガイド
◎保証書
◎印刷スピード:約50秒/枚
◎接続方法:BluetoothR 4.0
◎充電スピード:約90分
◎フル充電時印刷可能枚数:20枚
◎キヤノン品番:PV-123-SP

【対応OS】
iOS 9.0 以降 & Android 4.4 以降

【対応機種(iOS)】
iPod touch(第5世代)、iPad 2、iPad(第3世代)、iPhone 4S/5/5cには対応しておりません

写真デコレーションを簡単に楽しめるスマホ専用ミニフォトプリンター「インスピック」です。

気軽に持ち運べる手のひらサイズのプリンターで、いつでもどこでもスマホから高画質な写真をプリントできます。

専用のアプリを使えば写真の加工や分割プリントも可能。 裏面がシールになっているので手帳に写真付きライフログを残したり、ラベルシールとして雑貨のデコレーションが楽しめます。

※iNSPiCはキヤノンマーケティングジャパンの製品です。修理やメンテナンスを依頼する際には、同梱された保証書と当店の領収書もしくは納品書が必要になります。


※追加用リフィル
→iNSPiC フォトペーパー 20枚入り(商品コード:ISP-PHP01-A)
→iNSPiC フォトペーパー 50枚入り(商品コード:ISP-PHP02-A)

写真デコレーションを簡単に楽しめる
スマホ専用ミニフォトプリンター「iNSPiC」

※スマホに専用アプリ(Canon mini print)を入れて、プリンターにBluetoothで写真を送ると印刷開始
※iNSPiCの公式インスタグラムでは、さまざまな使い方が紹介されています。 ⇒@canonmj_inspic

2018年9月に発売されたCanonの「iNSPiC(インスピック)」は、専用アプリとBluetooth接続で、スマホで撮った写真をすぐに印刷できるスマホ専用ミニフォトプリンター。わずか160gとコンパクトで、スマホといっしょに携帯できる手軽さが人気を呼んでいます。
専用フォトペーパーは5×7.6cmで、アプリ内で6分割のレイアウトが可能。裏面がシールになっているので、ちょっとした手帳やノートのデコレーションにも最適です。
「iNSPiC」の公式インスタグラムでは、自分だけのスタイルブックをつくったり、ラッピングのアクセントに使ったりと、さまざまな使い方が紹介されています。
オリジナリティを作り出す手書きの良さが見直され、手帳を活用したライフログ人気が高まるなかでも注目のアイテムです。