スージーラボEDiT手帳カバー  

Susylabo Inc. × MARK’STYLE TOKYO

 

不安定なこの時代を駆け抜ける、足回りのよい手帳カバー

強く、軽く、美しい発色のマルチ手帳カバー 【マークスタイル トーキョー限定】EDiT 手帳カバー 1日1ページ用 B6変型 ALCANTARA MULTI/Susylabo(スージ-ラボ)

  • 【マークスタイル トーキョー限定】EDiT 手帳カバー 1日1ページ用 B6変型 ALCANTARA MULTI/Susylabo(スージ-ラボ)
詳細画像
バリエーション画像
商品コード:
ZRSSL-DR01
販売価格:
¥19,440 (税込)
バリエーション:
個数:
 個

詳細情報

サイズ/パッケージ:H200×W150×D40mm
本体/H190×W140×D30mm(その内ペンホルダーD10mm)
重量/72g
素材/ALCANTARA
◎外ポケット×3
◎外付きペンホルダー×5
◎イタリア製ALCANTARA®
◎JAPAN
◎BOX入り

※こちらはB6変型サイズ用カバーとなります。
一般的なB6サイズの手帳には使用できませんので、あらかじめご了承ください。


ALCANTARA®は、イタリアのテキスタイルブランド、ALCANTARA S.p.A社が生み出した世界最高レベルの高級人工皮革です。
独自の特殊な製法で作られたALCANTARA®は、高級スエードのような滑らかな手触りの実現をはじめ、革よりも薄くて軽量、そして優れた耐久性が特筆に値します。
ランボルギーニ、アウディ、メルセデス・ベンツ、BMWなどの名だたる自動車メーカーがインテリアに採用し、そのしなやかでエレガントなクオリティは、本革以上の存在感を漂わせているとの評価を得ています。

マークスタイル トーキョーでは、ALCANTARA®の上質感と高い性能に着目し、デザインステーショナリーを開発しています。
ALCANTARA®の機能美にあふれた上質なテクスチャーが、日常のワークシーンに心地よさと個性をプラスします。


※手帳の中身は付属しておりませんので、別途ご購入ください。
【対応リフィル】
●2019年4月始まり ETA
●2019年1月始まり ETA ※完売※
●2019年1月始まり ETA 分冊

※マークスタイルトーキョー限定ラッピング(有料)
●有料ラッピング/包装紙(商品コード:LAP-EC01-W)
●有料ラッピング/ギフトバッグ(商品コード:LAP-EC02-G)

※無料の通常ラッピングについてはこちら>>

力強い造形に対峙して生まれる、畏敬と違和感。

美食の国、アモーレの国、アズーリの国、イタリア。そして、コロッセオからピサの斜塔、ミラノ大聖堂まで、長きにわたりダイナミックな建造物をつくり上げてきた、建築の国でもある。時に傲慢な“maschilismo”すら感じさせる巨大建築を受け入れながら、美食を満喫し、愛を語り、人生を楽しんできた。

では。毎日手に触れ、オフィスで、車の中で、重要事項を書き込み、タイムスケジュールを管理する手帳の「カバー」として、私たちは“この造形”を受け入れ、日々を楽しむことができるだろうか。

手帳に必要なすべてを“外側”のカバーに収納する大胆な発想と、オーガナイザー自体を造形として成立させるデザイン設計。「Find Your Inspiration」をものづくりの理念に掲げ、フォトアルバム、レザーアイテムからリネンバッグまで、小さな発見に“デザイン思考”を投入しプロダクトを生み出している「Susylabo Inc.」と「MARK’STYLE TOKYO」がコラボレートして生まれた手帳カバーである。

イタリアの美意識が生んだ高機能素材「アルカンターラ®」

ブッテーロ、ミネルバボックス、ナポレオンカーフ。美しい発色と質感で、他の追随をゆるさないレザーを産出するイタリアにあって「レザーより高級」と言わしめ、フェラーリ、ランボルギーニ、マセラッティなど、ハイエンドなラグジュアリー・カーブランドが「私たちのパートナー」と呼び、シート素材として採用する人工皮革がある。「アルカンターラ®」は、最高級スエードやヌバックにも並ぶきめ細かなテクスチャーと、なめらかな肌触りを実現しながら、高い耐久性と耐光性、難燃性を持つ高機能素材だ。レザーよりもはるかに軽く、発色性にも優れている。

個人のモノであり、また人の目にもさらされる「手帳」という道具は、カラーやデザインのアウトルックに、嗜好性と“行儀のよさ”を求められ、またスケジュール管理における機能性を求められ、滲みや裏写りなどの品質のクオリティを求められる。そして、これらの要求をまとめ上げた、“実はタフ”なプロダクトだ。レザーより強く、軽く、美しい発色を実現したこの素材を使わない手はない

イタリアの高機能素材を乗りこなした、日本の革手袋製造の技術

「クリオロ アルカンターラマルチ手帳カバー」は、エネルギッシュなオレンジ、イタリアの“アズーリ”を彷彿させるブルーを含む5色のアルカンターラをラインアップ。その「内側」には、高級レザーを採用した。厚みや強度、伸縮性など、“似て非なる”ふたつの素材を合わせ、縫製し、このデザインを形成するにあたり、きわめて高い技術を必要とした。これを実現したのが、東かがわ市に拠点を置く革小物専門の製造工場だ。香川県東かがわ市は軍需に端を発した革手袋の一大生産地であり、国内生産のシェアは約90%を占める。非常に高い技術を要する革手袋製造のノウハウを、アルカンターラ×レザーに落とし込んだ。

アイデアを設計し、プロダクトに落とし込むデザイン思考。

フロントカバーを占拠するように配置したペンオーガナイザー。最近のビジネストレンドを予見したかのように、4色ボールペンやスティック型文具を収めるヴォリュームは、力強い造形としてデザインのインパクトとなり存在している。このヴィジュアルを見たら、だれもが思うのではないだろうか「手帳を開いたらどうなるのだろうか?」と。この疑問をスマートに解決しているのが「Susylabo Inc.」の“デザイン思考”だ。巨大なオーガナイザーを一本縫いするために仕込まれた強度のある芯材が、平面を維持。オーガナイザー自身がクッションとなるため、ペンを入れない状態でも安定感をキープする。さらには、ペンのポジションをあらかじめ固定するため、力を分散し「どこに何本入れても」安定した書き心地を実現した。また、必要なアイテムを網羅する「5本分」という数字にもそのデザイン思考が生かされている。

人の行動を変える、建築的ものづくり

美容師のシザーケース・庭師のガーデニングポーチから着想したというこの手帳カバーには、建築をバックグラウンドにした「Susylabo Inc.」の「Find Your Inspiration」というマインドが活きている。バッグの中からペンケースを探す手間すら惜しみ、開いて即座に書き込めるスピード感。ジッパーなどを使い手帳カバーで大切に「包み込まない」という、潔い決断と動線設計。すべてを“外側”に配したことで、使う人の機動性と対応力を高めている。まるで、上質なドライビングシューズがコーディネートを軽快に仕上げるように、官能的なイタリアのスポーツカーが人生を楽しませるように、日常に躍動感を演出する。さあ、この手帳に小さな発見と明日の冒険を書き込もう。

Review

※レビュー内容は、お客様個人のご意見・ご感想です。使用感には個人差があります。
※投稿されたレビューは、掲載までにお時間をいただく場合、または掲載されない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

おすすめ商品

全てのアイテムから選ぶ

2020年版 手帳・ダイアリー
2019年版 手帳・ダイアリー
ステーショナリー