ブランドから選ぶ
  • marks ink
  • EDiT
  • storageit
  • maste
  • togakure
  • DIARY COLLECTION
  • digitalaccessory
  • photo and album
  • pedir
  • Laduree
  • PAUL and JOE
  • Mom Papa Kids&Gift
ショップから選ぶ
  • MARK'STYLE TOKYO
  • GRAPHIA
  • EDITO365
  • Bonnes fetes

価格で絞り込む

BRAND STORY | MARK'S × ?哲学への共感が生んだコラボレーション

マークスダイアリーは実に多くのコラボレーションダイアリーをリリースしてきました。
時代やトレンドをリードするブランドやアーティストたちが、マークスダイアリーの哲学に共感してくれたからです。
マークスダイアリーが発信するコラボレーションはとどまることはありません。これからもステキな1冊をお届けしていきます。


  • MARK'S × Colette
  • MARK'S × CHRONICLE BOOKS
  • MARK'S × MONOCLE
  • MARK'S × Merci

MARK'S × Colette

機能とデザイン、そして品質でマークスダイアリーのクオリティーを評価し、「欧州市場に打って出たら」と背中を押してくれたのは世界のトレンドをリードするパリのコレットのバイヤー、サラ。
彼女の一言が、マークスダイアリーの世界戦略を後押してくれたのです。
そして、コレットとのコラボレーションダイアリーの制作もスタート。表紙をはじめ、本文のスケジュール、メモページなどの全ページに配された「Cap & Pep」のアニメーションが最大の魅力でした。
2009年コレクションでは「Fafi(ファフィ)」がコレットとのコラボレーション第2弾として加わりました。

Collette

世界中のトレンドセッターたちが足しげく通う、パリの高感度セレクトショップ。
ファッション、デザイングッズ、アート、コスメなどの最新プロダクツが集まり、そのラインアップを見れば、世界のトレンドがわかります。
短いスパンで変わるショーウインドのディスプレイや、コレットに集まるオシャレピープル・ウオッチングを楽しむ、パリジャンやパリジェンヌも多いとか。

MARK'S × CHRONICLE BOOKS

サンフランシスコの出版社、クロニクルとのコラボレーションによって、誕生したのが「キャス・キッドソン ダイアリー」。
当時、先方の開発責任者であったデブラ・ランデ女史は"こんなイノベイティブなダイアリーは見たことがない。
マークスとのコラボで素晴らしい商品に仕上がるのが楽しみ"と語ってくれました。
クロニクルがキャス・キッドソンのビジュアルを、マークスがスライドジッパー付きのカバーと本文、情報ページを提供するという理想的なコラボレーションとなり、「キャス・キッドソン ダイアリー」はデビューの2009年コレクション以降、大ヒットを続けています。

Cath Kidston

デザイナーのキャス・キッドソンが1993年にロンドンでショップを立ち上げたのを機にスタート。小花、バラ、イチゴなどをモチーフにしたクラシカルなデザインをポップにアレンジしたビジュアルを用いたプロダクツが中心。マークスでは、ダイアリーの共同開発のほか、ステーショナリーの販売も行っています。


CHRONICLE BOOKS

サンフランシスコの高級紙「サンフランシスコ・クロニクル」の出版部門が独立し、1968年にスタートした出版社。日本でもビジュアルブックを中心に多彩なラインアップを誇っています。

MARK'S × MONOCLE

「モノクル」誌とのコラボレーションダイアリーも大きな注目を集めることとなりました。
編集長のタイラー・ブリュレは初ミーティングの際に、マークスのストレージ・ドット・イットの存在が気になっていた様子で、"スマートでグレートだ。
UKでの展開はどうなっているのか?"など、熱心に質問を浴びせてきました。
共同開発したオリジナル・デザインの表紙をまとったコラボ レーション・ダイアリーは2010年コレクションでデビュー。
当初用意した数量はあっという間に完売し、追加製造を行いました。
「モノクル」誌とのコラボレーションダイアリーは2012年版で、3シーズン目を迎えました。

MONOCLE

ロンドン発のオピニオンリーダー向け情報誌。イギリス、アメリカを中心に、82カ国で販売され、発行部数は150,000部。編集長は「ウオールペーパー」を立ち上げ、その名を広めたタイラー・ブリュレ。彼は2011年にアメリカ雑誌協会が選ぶ「エディター・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、同時にモノクル誌は「2011年雑誌ベスト10」に選出されています。タイラーは日本のメーカーが有する最先端技術から秋葉原のカルチャーまでを語れるほどの筋金入りの日本通です。2011年 秋には、ロンドン、ロスアンジェルス、香港、東京・青山に次いで、北京、大阪・梅田にモノクルショップが、東京・有楽町には世界初のモノクルカフェがオープンしました。さらには24時間ネットラジオ「MONOCLE24」がスタートし、モノクル誌の勢いは止まることを知りません。

MARK'S × merci

パリのセレクトショップ"merci(メルシー)"とマークスとの、初めてのコラボレーションによるダイアリーが登場。
デビューモデルとなった2012年版はメルシーのショッピングバッグやノートブックの表紙にあしらわれているメッセージをダイアリーの表紙にデザイン展開。
マークス・ダイアリーのアイコンとなっているスライドジッパー付きカバーのモデルです。中面・本文は定評のあるマークス・ダイアリーのコンテンツをそのまま使用しています。
フランス語を含めた5カ国語辞書と会話集、パリ、東京、大阪など世界6都市、国内9都市の地下鉄路線図、時差がわかる世界地図など、国外へのビジネスや旅行にも役に立つマークス・ダイアリーならではの情報ページも充実しています。
メルシーでは発売と同時に大ヒット商品となりました。

merci

2009年3月、パリにオープン以来、パリジャン、パリジェンヌはもちろん、世界中のトレンドセッターから注目を集めている、パリでは今もっとも話題性のあるショップ。高級子ども服ブランドのオーナーであったコーエン夫妻が、"ライフスタイルを楽しみながら社会貢献できること"をテーマに立ち上げ、1,500㎡ほどある3フロア構成の店舗内には、服、子ども服、古着、古書、小物、雑貨、リビングアイテムなど、「ここでしか見つけられないもの」をトータルに取り揃えています。また、最終的な利益を社会貢献に役立てるというコンセプトも、社会と企業の今後の関わり方として大きな注目を集めています。 2011年9月には「素顔の日本デザイン」と題された日本のプロダクツの展示販売イベントが開催されました。
http://www.merci-merci.com/