ショップから選ぶ
  • MARK'STYLE TOKYO
  • GRAPHIA
  • EDITO365
  • Bonnes fetes
ブランドから選ぶ
  • marks ink
  • EDiT
  • storageit
  • maste
  • togakure
  • DIARY COLLECTION
  • digitalaccessory
  • photo and album
  • pedir
  • Laduree
  • PAUL and JOE
  • S'well

価格で絞り込む

HOTEL PARIS-TOKYO

モードの中心地、パリで闘う
「メイド・イン・パリ」をたずさえた“レジスタンス・ブランド”

PUZZLE NYLON LINE / berlingot/HOTEL PARIS-TOKYO

  • PUZZLE NYLON LINE / berlingot/HOTEL PARIS-TOKYO(ブルー)
  • PUZZLE NYLON LINE / berlingot/HOTEL PARIS-TOKYO(イエロー)

  • PUZZLE NYLON LINE / berlingot/HOTEL PARIS-TOKYO

着こなしの"外しアイテム"に最適なナイロンポーチ

PUZZLE NYLON LINE / berlingot/HOTEL PARIS-TOKYO

商品コード:HTLS-BAG10

サイズ/H185×W310(上部)~180(底部)×D100mm
引手110mm
重量/240g
素材/本体:ナイロン,コットン
持ち手:牛革
◎天ファスナー

かつての古巣ブランドのシグニチャー・ヘキサゴンをアイロニカルにアレンジした「ペンタゴン」をプリント。スポーツがモードに浸食しはじめた‘90年代を彷彿とさせる、クリアなカラーリングが特徴的です。
高品質ナイロンをフランス人の職人が仕立てたスポーツバッグシリーズ。裏地に薄手のコットンを配し、スポーツに振り切り過ぎないデイリーカジュアルを演出しています。

※マークスタイルトーキョー限定ラッピング(有料)
●有料ラッピング/包装紙(商品コード:LAP-EC01-W)
●有料ラッピング/ギフトバッグ(商品コード:LAP-EC02-G)

※無料の通常ラッピングについてはこちら>>

販売価格:8,640円(税込)

 ブルー  残りわずか
 イエロー  残りわずか
個 数: 個


実在していそうで、していない、
ホテルの名を冠したバッグブランド

「HOTEL」という言葉は、世界中のどこでも「快適さ」を思い出させる。フランスのバッグブランド「HOTELParisTokyo」は、自身が生み出すプロダクトのすべてが「HOTEL」のような「快適さ」を提供することを願い、ブランド創設者ステファン・ヴェルディーノがつけた名前だ。そして「HOTEL」は、世界中で同じように発音される(フランス語においてHは無音であるが)ことも、ネーミングの理由である。そしてフランス政府自らお墨付きを与える“パラスオテル”の超名門ホテルのように、時代を超越するオーセンティックなプロダクトを通して、人生を豊かにしようというのだ。

共同設立者、ティボー・レノー。かつてステファン・ヴェルディーノが自身の名を冠した、バッグのハイエンド・ブランド「Stephane Verdino」において、まさに“右腕”とよばれたパートナーだ。それぞれにデザインとコミュニケーションに長年携わってきた彼らが、影響を受けたふたつの都市「Paris Tokyo」の名をたずさえ、2016年の終わりにパリのファッション業界に舞い戻ってきた。



ファッション大国で「メイド・イン・フランス」を貫く意味。

「HOTELParisTokyo」は、「メイド・イン・フランス」にこだわったブランドだ。パリで再びブランドを始めるために場所を探していた際、レザーベルトの専門工房を発見したステファン・ヴェルディーノは「分厚いネック部分の革漉き作業を見たんだ。そのすばらしいスキルは、私のコレクションにぴったりだとパッションを感じたよ」と語る。いわゆる工場や工房に魅了されたステファン・ヴェルディーノにとってそこは「まさに私が探していた場所だった」。フランス人デザイナーによるデザインとフランスの素材を採用し、フランスの工房で丁寧につくられたプロダクト。フランスを「ファッション大国」足らしめているラグジュアリーブランドは、もはや「ラグジュアリー・コングロマリット(複合企業体)」である。そのフランス・パリで、「ものづくり」にこだわるというのだ。



ラグジュアリーを知り抜いた男の「まっとうな抵抗」。

「私たちはクリエイターとクラフトマンの境目に位置するブランド」と表現するステファン・ヴェルディーノ。「私はこのブランドで、かつてクリエイションを担当していたウィメンズマーケットのブランド(Stephane Verdinoのことだ)に対抗するつもりはないね。粗悪なバッグを大量に流通させる、ラグジュアリー・メゾンの手の届かないメンズマーケットに興味がある。ニッチだけどまだ自由があるから」。ステファン・ヴェルディーノは、 “巨大メゾン”の文化に、ほとほと嫌気がさしたようだ。「上質な素材・時代を超えるデザイン・価格とのバランスによって、ブランドを成長させていくつもりだ」。

世界中の女性たちをバッグで魅了してきた男が、地に足を付けたクリエイションで「メイド・イン・パリ」というレジスタンスを表現しはじめた。

Review

※レビュー内容は、お客様個人のご意見・ご感想です。使用感には個人差があります。
※投稿されたレビューは、掲載までにお時間をいただく場合、または掲載されない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

この商品を見ている人は、こちらのアイテムもチェックしています!

最近チェックしたアイテムはこちら!